nFact

n!

JavaOne 2016 報告会に参加してきました

今日はJavaOne 2016の報告会があったので参加してきました!
昼過ぎ(13:30)からの開始だったのですが毎度のごとく普通に寝坊して遅刻しそうな感じでした。

イベントページはこちら。

jjug.doorkeeper.jp

今年のJava Oneのテーマは「Java Your Next(Cloud)」とのこと。 わざわざ括弧付けなくて良いでしょ!っていう突っ込みが的確すぎましたw

報告会のアジェンダ

  • Java SE フィードバック
  • Java EE フィードバック
  • Duke's Choice Award 受賞記念 HeapStats講演
  • LT大会

Java SEフィードバック

発表は久保田さん(@sugarlife)

JavaOne 2016 Java SE Feedback #jjug #j1jp

www.slideshare.net

トピック

  • Java SE 9のリリースが延期(2017/3/23から7/23に)
  • アップデート内容は去年までに発表されているものと大差なし、ただし細かい変更があるので最新の情報を。
  • Java SE 8→9へのアップデートは結構影響がありそう

The Flow APIは(自分が見逃してただけなのかわからないですが)新しめのやつはそれだけで、
ほかは去年までの発表と大差なさそうでした。
ただ、コマンドラインで指定するオプション?とか細々としたところは
かなり変わってる上に日本語のヘルプも古いみたいなので英語のドキュメントを当たる必要がありそうです。

Java EEフィードバック

発表は寺田さん(@yoshioterada)

JavaOne 2016 Report for JavaEE

docs.com

トピック

  • 今後のJava EEも期待できそう
  • 本当に出来るのか?

OracleJava EEとかを手放すんじゃね?みたいな話がありましたが
そんなことは無かったみたいな感じでした。
スライド見る限り魅力的な機能も少なくないので、
ロードマップどおりに着々と進めていって欲しいなぁと思います。

MVCのドロップ(まだ確定じゃないのかな?)とかも結構衝撃的でどうなるのかなと思いましたが
マイクロサービス向けの機能の実装に注力するとのことでした。
こちらはSEの発表と違って結構新しい話題がたくさん出てきて全然追えてなかったので調べて見たい感じ。

懇親会+LT大会

LT大会の後のじゃんけん大会でJava EE GuardiansのTシャツ頂きました!改めてありがとうございます!!
ぼっち参戦で序盤とか特につらかったので来年は誰か一緒に行きましょう( ;∀;) f:id:noko_k:20161015203328j:plain

まとめ

JavaOne報告会は初めて参加したのですが楽しかったです。 ぼっち懇親会はつらいので誰か一緒に行きましょう(大事なので2回)

Firefox 49のデベロッパーツールのネットワークタブに追加された「発生源」について試してみた

お久しぶりです。

9/20にFirefox 49がリリースされました。
Firefox 49.0 リリースノート

その中に、

ネットワークモニタに発生源の列が追加されました。ここには、ネットワークリクエストが発生した理由が表示されます

という記載があったので、早速使ってみました。

f:id:noko_k:20160921232624p:plain

F12キーを押して、デベロッパーツールを表示させた後、ネットワークタブを選択すると「発生源」が追加されているのが分かるかと思います。

画面上だと、
document, img, [JS]script, [JS]img... などと表示されていて、
JSアイコンがある部分は、マウスオーバーしたあとにクリックすることで どのJavascriptのコードでネットワーク通信が発生したかその場でソースコードにジャンプすることが出来るみたいです。

f:id:noko_k:20160921233416p:plain

KaraffeのパーサージェネレーターをCUPからANTLRv4に置き換えたい

現状 KaraffeのパーサージェネレーターはCUPを使用している

CUPの良い所 JavaCCの時に問題になっていた左再帰の問題が解決した(そもそもLLとLALRなので) terminalとnon terminalの記述がめんどいけど書きやすい(JavaCC比)

CUPの良くない所 CUP側のコードで、それもなんともない所でError系クラスをthrowするところ CUP側のコードで、System.outやSystem.errが使われて勝手にいろいろ出力されるところ エラーハンドリングは全ての箇所に入れないとどこでエラーが発生したかとかが拾えないっぽい

とりあえず、定義していない文法を読ませたとき、勝手に英語のエラーメッセージを出して勝手にthrowすることが嫌すぎた。

ANTLRが使いやすそうで、LLだけどv4から左再帰対応してたっぽいのでそちらに移行をしてみたい感じ。